こんにちは。野田兔です。
昨日(11/3)に今年もぐんまマラソンに参加してきました。
去年も参加したので、今年は2回目。

09


去年と同じ10kmです。
目標は、3月の1時間ちょうどを上回ることでしたが・・・・

twitterで予告した通り結果を記載します。



今年は、スタート地点付近で進路を阻まれたり、
キロ4分で走らざるを得ないような事態となり、ペースを乱され
思うような走りができず、
さんざんな結果となりました。

今回は反省点が多いので次回に向けて改善する予定です。



10:00 10kmスタート
開始の号砲が鳴りました。

私はというと大体中ごろにいました。
道幅いっぱいに広がっていて進路がふさがれ、
思うように進むことができません。
徐々に少しずつ前に進むしかない。
本来の走りができない状態でした。


ようやく混雑が解消してきたと思った時には時すでに遅し。
すでに11:00を過ぎてしまいました。

目標タイムを上回ることができないことが確定しました。

スピードをぐんぐん上げて最後の関門を通りすぎます。
最後失速してしまうわけですが・・・


11:40にやっとたどり着くことができました。
ぐんまマラソンの会場に。

・・・要は、「走ることができなかった」のです。




【解説】

多摩や神奈川方面の人を車で載せていく計画だったため、
その方々が始発で来られる場所と時間、
6:15武蔵浦和駅集合に設定していました。

去年は場所こそ西浦和駅ですが似たような時間であり、
出発の条件は同様です。


違っていたのは高速道路の様子でした。
去年は高速道路が1mmも混んでなくてまったくの順調だったわけですが、
今年は・・・

・外環で事故渋滞1件 (→1時間遅延)

・関越で交通集中による渋滞+事故渋滞3件 (→2時間遅延)

通常2時間で考えていた道のりが
3時間遅れの5時間かかってしまったわけです。


事故渋滞においては4キロを通過するのに20分とか掲示板に表示されて、
(実際には1時間近くかかった)
キロ4分(実際はそれ以上)のペースを余儀なくされたわけです。


そのため、開始の9時(フルマラソン)、10時(10km)には到底間に合わず、
遅刻してしまったため、
今年はぐんまマラソンを走ることができなかったのでした。



では、なぜ去年と高速道路の状態が変わってしまっていたのか?


以下の参考文献をご参照ください。



去年と違い、今年は
「3連休の初日」だったのだーーー!


思い返してみれば、最初参加を決めたときに

 「3連休の初日だし次の日休みだしラッキー!」

なんて浮かれた考えをもってエントリーをしたとき、
すでに誤りを犯していたのでした。


3連休の初日は関越が混む、かつ、絶好の紅葉シーズン、ということが連想できれば、
こうなることは予見できたこと。

そして、もう1点。
もしかすると、交通集中だけであれば間に合っていたかもしれません。

ですが、やはり3連休の初日。
ペーパードライバーや2輪の運転手が増えます。
すなわち、事故率が格段に高まります。

ここまで考えが回っていなかった。
考えが浅かったのです。


つまり、車移動を前提としていた限り、

「計画時点ですでに破綻」していたのです。


では、なぜ予見できなかったのか?

それは今までの成功体験が邪魔をしたから、としか思えません。

 ・去年のぐんまマラソンでは渋滞なく進むことができた。
 ・11月の別の駅伝大会(渋川駅伝)でも、過去一度も渋滞していない
 ・12月の前橋市内駅伝においても、過去一度も渋滞していない

なので、今回もうまくいくだろう、と考えるに至ったわけです。
ここが反省点といえると思います。

過去うまくいったからと言って、同じようにうまくいくとは限らないのです。



【教訓】
 ・3連休 下りの高速 気をつけろ
 ・遠征の 車移動は 考えて
 ・遠くのマラソンより近くのマラソン

「遠い会場」に、「3連休の初日」に「車移動で遠征」は極力避けた方がよい。
公共交通機関または前泊必須。

ということを踏まえた場合、では、来年どうしようか。
ということです。

来年は、カレンダーを見てもらうとわかるように11/3は土曜日。
2連休初日です。

ということで・・・・


来年は「ぐんまマラソン」ではなく同時期の「さいたま国際マラソン」に参加する!

というカイゼンを図ろうと思います。

よろしくお願いいたします。




よって、今回のぐんまマラソンは、ナンバーカードのチップを直接返却し、
おっきりこみを食べて帰ってくるだけのものとなってしまいましたが、
重要な知見を得ることができました。

ノウハウを得ましたので、今後同様の失敗をしないように
続けていきたいと思います。

以上!


09


↑仕方ないからシャンゴでスパゲッティ食べて帰ってきたよ