こんにちは。野田兔です。
10/31に小山で用事がありましたので、翌日そのまま栃木を散策しました。
56
↑一般的な栃木の風景

ま、群馬県民によるスパイ活動ですね。



11/1 真岡鉄道
小山駅から水戸線で東に移動し、下館駅へ。
24


18
↑駅前には今はなきSATY(のなれのはて)がありました

真岡鉄道に来たのはもちろん、
SLに乗るためです。
2015年で2回目のSLです。(前回)
53
ディーゼル機関車で引っ張ってきて・・・

32
SL到着です。

13


スイカみたいなデザインの一般列車がきました。
58

19
SLが転線します。

13
茂木ゆき

乗車しましたが、旧型客車ではないので大井川鉄道よりは乗りやすい感じ。
そのぶん風情ってものは少し少ないかも。

10
豪快に煙を吐きながら進むSL。
洗濯物大丈夫なのかな。

・・・こんな感じで終始住宅地を進む感じなので
自然を感じることはできません。残念。

まああまり比較するものではないですが、自然を楽しみたいなら大井川鉄道、
近所で意外性を味わいたいなら真岡鉄道、って感じでしょうか。

そんなこんなで茂木駅に到着。
59


04


42


15


08


茂木駅には回転台があるので、SL回転の様子がわかります。
12
22
57
37

駅舎はこんな感じです。
11


その日はなにかイベントやってました。
26

・・・ですが、予定があるのでほぼほぼ30分で折り返します。

18
↑スイカ色の列車に乗車



11/1 市貝温泉健康保養センター

24

何でもない駅「市塙駅」に降ります。

ここから「市貝温泉健康保養センター」に向かって歩きます。
56
01

栃木もたいがいであることがわかりました。
丙丁つけがたいというかなんというか。。。

21
↑途中、セブンイレブンの居抜きかと思うようなファミマに遭遇
 (どうやら色合いが違うらしいので居抜きではなさそう)

途中迷いながらも。

17

「市貝温泉健康保養センター」に到着!

普通によさげな温泉でした。
ありがちな「スタンプカード」をもらいましたが、まあ場所的に二度と行かないよなあ。。。

ということでここからバスで北上します。
45
ピンボケですが


このバスは、市貝温泉から市塙駅を経由し、烏山駅までを結ぶバスです。
市貝温泉で乗ったのは一人、市塙駅でも一人、烏山駅までずっと一人の
タクシー状態となってました。

市塙駅に到着した際にも、「お客さん降りないの」的なニュアンスで「どこまで?」と聞かれて、
あ、そういうことなのか、と思いました。

A列車で行こうなら間違いなく整理する対象のバス路線ですね。



11/1 烏山線

07
烏山駅着。

「ハイブリッド電車」に乗りたくて烏山線まで来たのですが。

11

14


案の定気動車です。
仕方ないですね。

17
↑烏山駅にだけ架線が張ってあります。

宇都宮まで出て、餃子を食べて、東武宇都宮線で栃木まで行って、両毛線で帰りました。
俺は健太派。



そんなこんなでしたが、結論は、
「SLはもういいかな」

ということです。

みなさんも栃木に来た際は市貝温泉おすすめですよー