こんばんは。野田兔です。
今年もあとわずかですので、よろしくお願いいたします。



お正月ということでボードゲームをやる機会が増えると思います。
そこで私からの提案です。




これはみなさんご存知「ごきぶりポーカーロイヤル」でございます。

それでもって次のリンク先には
みなさん大好き「オトーリバース」があります。
http://www.tgiw.info/2013/11/otori-verse.html
55

↑これです

でも、ボードゲームやってるとよくあるのが、

「どっちもやりたいけど時間が足りない」

ってことです。

であれば、

同時にやってしまえばよい
のです。

これと同じ流れですが



アルハラポーカー

ということで以下ご注意ですが、「オトーリバース」にも記載されているとおり
アルハラを推奨するものではありません。
リアルではやっちゃだめですよー

1.準備

「オトーリバース」一式を準備してください。ごきぶりポーカーは不要です
それか私が持っているので私を準備してください。

4人~5人くらいがいいんじゃないでしょうか。



2.開始

「オトーリバース」は一番お酒が好きな人がスタートプレーヤーで、
「ごきぶりポーカー」は一番年下の人がスタートプレーヤーです。

ですので、「お酒が飲める年齢で一番年下でかつ一番お酒が好きな人」
がスタートプレーヤーです。

「オトーリバース」の各プレイヤーのカードを1枚ずつ配布します。
これは、「非公開情報」ですので、
自分だけ見てください。

お酒のカード+イベントカードをすべて混ぜて、
全員がなるべく均等になるようにカードをすべて配ります。


3.進行

進行は「ごきぶりポーカー」のまんまです。


スタートプレーヤーは任意のカード1枚をカードを裏にして、
他の任意のプレーヤーの前に置きます。

その際に、そのカードが何であるのかを宣言します。

例)Aさん⇒Bさん 「これは『ビール』です」

Bさんは、2つの選択ができます。

①Aさんの言うことが正しいかどうかのジャッジ
②ほかの人に先送り


・①の場合
 Aさんの言うことがあっているか、嘘をついているかを判断します。
 「これは『ビール』です」に対しては、
 「そうです、これは『ビール』です」 or 「いいえ、これは『ビール』ではありません」
 と答えることができます。

 Bさんのジャッジが正しければ、そのカードはAさんのものになり、
 Bさんのジャッジが外れれば、そのカードはBさんのものになります。

 自分のカードとなったら、目の前に公開情報として置いてください。


・②の場合
 Aさんの情報だけではよくわからない場合、ほかの人のジャッジさせることができます。
 BさんはAさんの出したカードを見た上で、ほかの人の前に出してカードを宣言します。

 Bさん⇒Cさん 「これは『ビール』ではなく『ウイスキー』です」

 Cさんは同じように①か②の判断をします。
 その際、そのカードを出したり見たりした人には出せません。

よくわからないと思うので、こちらを見てください。


違うのはここからです。

目の前のカードで、同じ種類のカードが"2枚"溜まったら、
そのお酒を「飲む」必要があります。

オトーリバース的な「飲む」ですね。

2枚のうち、1枚手札に戻して、
1枚を「吸収済み」としてみんなから見える
別な場所に置いておいてください。


「プレイヤーのカード」には、
「お酒の強さ」と「得意なお酒」「苦手なお酒」が書かれています。

「吸収済み」のお酒が、「お酒の強さ」の数値を上回ったら、「リバース」となり
負けとなります。

お酒が「得意なお酒」であれば、それは吸収済みとして加算されません。
お酒が「苦手なお酒」であれば、2倍で加算する必要があります。

各プレイヤーカードは「非公開」で、自分しかわからないので、
リバースは正直に申告しましょう。


リバースでなければ、お酒を飲んだ人が
次のターンのカードを出します。

これを繰り返して、自分ひとりがリバースせずに生き残れば勝ちです。



4.特殊カード
これらのカード(オーダー以外)は1回使用されたら廃棄されます。

宣言時に「スピリタス」や、「イベントカード」と
言うことはできます。

・「スピリタス」
 スピリタスは1枚しかありませんが、もらった時点で飲まなければなりません。
 スピリタスに耐えられる人はいないので、即リバースとなります。

・イベント「イッキ」
 もらった時点で、今溜まっているカードをすべて飲む必要があります。
 リバース注意。

・イベント「チェーンリバース」
 もらった人の両隣のどちらかでもリバースしている場合、
 その人もリバースとなります。要はもらいゲ○ってやつです

・イベント「カンパイ」
 もらった人は手札から1枚好きな酒カードを選びます。
 それ以外の全員は手札を切ってランダムで1枚選びます。

 そのカードを、乾杯する人が一言二言言った後に同時に
 「カンパイ」とご発声しながらオープンして、即飲みます。
 イベントカードであった場合は、手札に戻すだけです。

・イベント「オーダー」
 もらった人は自分のプレイヤーを公開しなければなりません。
 このカードのみ、手札に戻してください。



5.勝敗
 限界を超えるまで飲んでリバースしたり、イベントでリバースしたら負けとなります。
 離脱してください。
 また、出せるカードがなくなった場合も負けとなります。

 お酒を飲んだ人がリバースした場合、時計回りで次の人が
 カードを出すようにしましょう。 





という感じです。
誰か遊んでくださいm(_ _)m