こんばんは。野田兔です。
10月24日(試験の翌週)に思い立って上信越のあたりを乗り鉄してきました。


秋頃になると北に行きたくなるのでしょうか。
2014年にも行ってますね。



2015.10.24 水上駅
37

水上駅にはふつうに上越線で北上しました。
22
35


途中下車できる切符だったので、とりあえず散策。
40

山が近いです。
この山の向こうは新潟県となります。


ちなみに、このとき「タンメン」をイメージして
「担々麺」と口走ったため、比較的食べたくもなかった担々麺を
食べるハメになりました。

これ以上間違わないようにするためにも
ワンタンタンタンタンタン麺を商品化してほしいところ。

ですよね?


で、目的といえば、えきねっとで予約できた「ゆめぞらもぐら号」
35


ゆめぞら号っていうのはこちらに詳しく記載されていますが、

はくたかが通らなくなって地方ローカル線となったほくほく線が持っている「観光用車両」で、
トンネルの間、天井やらに映像が映し出される楽しい電車です。


それが上越国境を抜けて群馬まで出張してきてくれているのが「ゆめぞらもぐら号」です。
じゃあ「もぐら」ってのはなんなんだ、と思うと思いますが、その理由は後でまたすぐに出てきます。

54
↑高崎からのSLに接続する形で、ゆめぞらもぐら号は出発。



2015.10.24 土合駅
06

で土合駅ですよ。
「もぐら」の由来は、この駅が「もぐら駅」であることによります。

37

下り(新潟方面)のみ、地下ホームとなっていて、
地上まで470段の階段を上る必要がある、という構造をしています。

なので「もぐら駅」。
まあ結構有名ですよね。

49
↑はるか上空の出口に向かって。

なお、「ゆめぞらもぐら号」はこの土合駅にて19分間停車します。
歩きに自信がある人は往復して来い!
という挑戦状、ということです。

ちなみに、公式的にはホーム-改札間は10分かかることになっています。
なかなかシビアな設定です。

03


もちろん今回の旅はこの往復が目的なので、
出口を目指します。

50

↑ということで出口
↓出口からの外の眺め
55


動くことをやめると心がめげると思い歩き続けましたが、
これがまたしんどい。
思いのほかしんどいのです。

標高が高いこともあって、トレーニングに最適です。
ですよ。

本当は改札はもうちょっと先なのですが、
安全策をとって、階段を登りきったところで引き返すことに。

でも、もう少し年上の方々(登山を趣味にしている中高年の方々)が
改札口まで往復してきたらしく、若干悔しく思いました。

07

↑下り方面

19
↑途中で水がわいていたりします。

37
↑電車が見えると一安心。


昔は30分くらい停車していた、というような情報を見ましたが、
少なくとも今は19分停車です。

とはいえ、間に合わなくてもある程度待ってくれるみたいですよ。(この日は5分遅れで出発してました)



2015.10.24 ゆめぞら車内
43

通常は上のような天井ですが、
トンネルに入ると下のようになります。

40
(これは「花火編」のパターン)

音楽に合わせて映像が流れます。
プロジェクターで映し出しているようです。

とはいえ、私以外の乗客はだいたい団体さんなので、
会話していたり、寝ていたりで大半の人は見ていなかったように思います。
さみしいですね。



2015.10.24 越後湯沢駅⇒十日町駅
43

トンネルを抜けると・・・のヤツです。
はくたか亡き今、かなりさみしい感じになっていました。

27
↑もうサンダーバード車両が入ってこないホーム

はくたかは電車でGO!2の中で生き続けるのです。



上越線でさらに北上。
34


41


六日町でほくほく線に乗り換え。
別のゆめぞらでした。



ぁぃぁぃの歌でもほくほく線出てきますね。

07

十日町まで移動します。

52

41


35


ここらへんは電GO2をやっていたので思い入れのあるところですね。
でも、乗り換えます。



2015.10.24 おいこっと

36


51


04

JRの飯山線に乗り換えます。
観光列車「おいこっと」です。

44


車内はこんな感じで、だいぶ和風です。

25


39

↑ふすま風カーテン


しかも、乗車すると「野沢菜」がもらえます。
56
↑酒を持ち込めばよかったの図

02
21

こんな感じでいい感じの風景の中をのんびりと進んでいきます。
たまに沿線紹介みたいなものが映像で流れたりします。

が、残念なのはまたしてもそういうのを聞かないで
宴会をしちゃう人たちですね。
いろいろ持ち込んでたので車内が臭くなってたし。

まあ、楽しみ方は人それぞれですが。

57

そうこうしているうちに飯山駅に到着。

観光列車の過ごし方もだいたいわかってきました。
外の風景を見るにしてもたいていヒマなんですよね。

「何もしない」をするのが一番です。
寝てもよし、ぼけっとするのもよし。
お酒を飲んでもよし。

ま、そんな感じです。



2015.10.24 飯山駅
08


飯山駅は飯山線と北陸新幹線との接続駅となります。
おいこっとは長野まで行きますが、ここで北陸新幹線に乗り換えます。

04


新幹線の駅なのでご飯食べるところあるかなー
と思ってましたが。。。

ほとんどない!

57

56

日が落ちてしまうともう真っ暗です。
唯一見つけた定食屋さんに入って、お酒とラーメンを注文。
08


そんなこんなで、新幹線はくたか号に乗って群馬に戻りましたとさ。
22






結論

観光列車はけっこうヒマ